エクセルへリンクがされているワードファイルを開くときに気をつけるべきこと

今日はエクセルへリンクがされているワードファイルを開くときには同時にエクセルを開いてはいけませんというお話。

実際にはエクセルにリンクされたワードファイルを開くときに、「この文書には、他のファイルへのリンクが含まれています。リンクされたファイルのデータでこの文書を更新しますか?」に「はい」で答えた後、「文書内のフィールドを更新中」というメッセージが表示されている間にエクセルを開こうとするとリンクがおかしくなります。

これをしてしまうとファイルのリンク情報がおかしくなり、開くたびに「エクセルファイルは同時に開けません」というようなメッセージが出続けることになります。

このメッセージが表示されるようになると、PCを再起動しても何をしても直ることがありません。

スポンサーリンク

リンクのおかしくなったワードファイルの修復方法

一度おかしくなったリンクは元に戻りませんのでワード中の表をひとつずつ張りなおすしか方法がありません。

ただ、少しだけ楽にリンクの張り替えができる方法もあります。

ワードの中の表で右クリックし、「リンクされた Worksheet オブジェクト」-「リンクの設定」をクリックします。

表示されたリンクの設定ダイアログから「リンク元の変更」ボタンをクリックし、表のリンクをひとつづつ変更していきます。

この時にリンクを張り替えるファイルの場所のパスをコピーしておいて、リンクの変更のたびに貼り付けるようにすればワード内の表をいちいち張り替える必要がなくなります。

ホントはファイルがおかしくならないような操作を気をつけてするべきなのですが、ファイルがおかしくなってしまったらお試しください。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。