Windowsをクリック一発で再起動するためのバッチファイル windows_restart.bat

最近のWindows OSは出来がよく、ほとんど再起動の必要はないのですが、使っているとたまに再起動が必要なときがあります。

管理人が再起動をするタイミングはこんなとき。

・Picasaなどの画像管理ソフトで大量の画像を長時間扱ったあとに占有されているメモリを解放するとき

・みなさんのところではあまりないかもしれませんが、VistaのノートPCがスリープ復帰後にたまに無線LANが切断されている場合の対処をするとき

・長期間スリープ状態のまま電源を切らずに運用していたWindows7のノートPCの省電力機能が怪しい動きをしはじめたとき
などなどです。

Windows再起動バッチファイル

再起動を頻繁にする方は以下のサイトからWindows再起動用のバッチファイルをダウンロードするとダブルクリック一発で楽にWindowsの再起動ができます。

Windowsを再起動するためのバッチファイル windows_restart.bat
Windowsをクリック一発で再起動するためのバッチファイル windows_restart.bat のご紹介です。

Windowsの再起動バッチファイル – info-cache.com

 Windows再起動のためのwindows_restart.batファイルの内容は以下の通りです。パラメーターの /r で再起動を、/t 0 で待ち時間0を指定しています。

shutdown.exe /r /t 0

再起動のバッチファイルはデスクトップなどのクリックしやすい位置に置いておくと便利です。

shutdownコマンドのヘルプ

コマンドプロンプト画面に、
shutdown -?

を入力すると確認できます。後半部分はシャットダウンの理由コードの説明ですので前半のパラメーター部分を抜粋しています。

————————————————————–
使用法: shutdown [/i | /l | /s | /r | /g | /a | /p | /h | /e] [/f]
[/m \\コンピューター][/t xxx][/d [p|u:]xx:yy [/c “コメント”]]

引数なし
ヘルプを表示します。「/?」と入力するのと同じです。
/?
ヘルプを表示します。オプションを入力しないのと同じです。
/i
グラフィック ユーザー インターフェイース (GUI) を表示します。このオプションは最初に指定する必要があります。
/l
ログオフします。/m または /d オプションとは併用できません。
/s
コンピューターをシャットダウンします。
/r
コンピューターをシャットダウンして再起動します。
/g
コンピューターをシャットダウンして再起動します。システムの再起動後に、登録したアプリケーションを再起動してください。
/a
システムのシャットダウンを中止します。これは、タイムアウト期間にのみ使用できます。
/p
タイムアウトまたは警告なしでローカル コンピューターの電源を切ります。/d および /f オプションと併用できます。
/h
ローカル コンピューターを休止状態にします。/f オプションと併用できます。
/e
コンピューターの予期しないシャットダウンの理由を記録します。
/m \\コンピューター
対象となるコンピューターを指定します。
/t xxx
シャットダウンまでのタイムアウト期間を xxx 秒に設定します。
有効範囲は 0 から 315360000 (10 年) までで、既定値は 30 です。タイムアウト期間が 0 より大きい場合、/f パラメーターが暗黙的に指定されます。
/c “コメント”
再起動またはシャットダウンの理由にコメントを付けます。最大 512 文字まで入力できます。
/f
ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。
/t パラメーター に 0 より大きい値が指定された場合、
/f パラメーターも暗黙的に指定されます。
/d [p|u:]xx:yy
再起動またはシャットダウンの理由を指定します。
p は再起動またはシャットダウンが計画されていることを示します。
u は理由がユーザーにより定義されることを示します。
p と u のどちらも指定されていない場合は、再起動またはシャットダウンは計画されていません。
xx は主因の番号です (256 未満の正の整数)。
yy は副因の番号です (65536 未満の正の整数)。
————————————————————–

参考サイト

常時稼働の Windows サーバを朝の 07:30 にシャットダウンすることになった。自動でやりたいので方法を探したところ、shutdown.exe というコマンドが標準で Windows にもあることがわかった。これを使えばいい。

shutdown.exe とタスクで Windows を自動シャットダウン

リモートシャットダウンツールの shutdown.exe はローカルコンピュータまたはリモートコンピュータに対して シャットダウン、再起動、ログオフ(ローカルコンピュータのみ)を指示できるコマンドです。 指示は全てコマンドラインから行えますが、操作ウインドウを表示してウインドウ操作で指示することもできます。

Microsoft Windows XPからのリモートシャットダウン

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。