マウスのラバー塗装がべとべとしてきたときに試してみるべきたった一つのこと

パソコンのマウスには滑り止め用にラバー塗装が施されているものが少なくありません。

▼うちで使っているマウスと同型色違いのマウス
ブルートゥースオプティカルマウス ブラック MA-BTH15BK

ラバー塗装がしてあるマウスは触り心地もよく、すべりにくいため、なかなか使い心地がよいのですが、年数がたつにつれ、ラバー塗装部分が溶けてべとべとしてきます。

4年前に買ったブルートゥースオプティカルマウス レッド MA-BTH15Rは現在ラバー塗装が溶けてべとべとになっています。この製品は使い勝手がよく、値段も安いのでとても良い製品だと思うのですが、さすがに4年もたつと傷みますね。
ブルートゥースオプティカルマウス レッド MA-BTH15R

まあ、4年も使わせてもらえば耐久性としては申し分ないのですが、ここでもうひとがんばりしてもらいます。

ラバー塗装のべとべとを緩和する方法

ラバー塗装のべとべとをなくすには秘密兵器の「消しゴム」を使います。
ケシ-1Z プラスチックケシゴム

この消しゴムでべとべとする部分をこすって、出たカスを丁寧に払うとあら不思議!べとべとがなくなっています。(当社比)

いままでのべとべと感が消え、さらっとしたさわやかな感触になっています。

マウスによっては、この方法が通用しない場合ももちろんあると思いますが、捨てる前に一度試してみてもいいかも。

ブルートゥースオプティカルマウス ブラック MA-BTH15BK
by カエレバ
スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。