今、1TBのハードディスクを個人が買えるんですね。

昔を思い出して見ると、初めて触ったパソコンがPC-6001mkIIでした。その当時は大容量64KBメモリ(64MBじゃないですよ)を搭載し、外部記憶メディアはカセットテープでした。ひとつのソフトの一場面を読み出すのに5分もかかった代物です。そのカセットを読み出すデータレコーダーという周辺機器は2万円くらいしました。

時は流れ、PC-9801が登場した頃は確か20MBくらい(うろ覚えですが)のハードディスクが100万円位したような記憶があります。

技術は日々進歩するのが世の常ですが、まさか1TBが1万円未満で買える時代がくるとは・・・

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 HD-CNシリーズ

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク HDCSシリーズ

BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1.0TB HD-CE1.0TU2

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 1TB HDC-EU1.0

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。