エクセルを使っているときにカーソルキーでページがスクロールしてしまうときの対処

エクセルを使っていると、たまに困ったことが起こります。

カーソルキーを押すと通常はセルのフォーカスがカーソルキーのやじるしの方向に移るのが普通ですが、まれにカーソルキーでページがスクロールしてしまうことがあります。

カーソルキーでページがスクロールしてしまう場合の原因

管理人もちょっと悩んだのですが、原因は実はとても簡単ことでした。

原因はキーボードのScroll Lockキー

エクセルでキーボードをたたいていると、何かの拍子にスクロールキーを押してしまうことがあるようです。

通常のデスクトップ用のキーボードでもたまに押してしまうときがあるのですが、一番よくやってしまうのがノートPCです。

ノートPCはメーカーによってもキー配列が微妙に違いますし、キーピッチが狭いことも多いので必然的にやっちまうことが多い気がします。おまけに[ScrLk]とか[ScrLock]とか略して表記がしてあるのでぱっと見わかりません。

エクセルでカーソルキーを押したときに変な動きをしたときは試してみてくださいね。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。