費用をかけずにUSBデバイスなどを制限する

職場などでセキュリティのために各種デバイスの利用を制限したい場合がありますが、デバイスの有効無効をwindows上から制限できる市販のセキュリティ対策ソフトは、1ライセンス5000円から1万円程度しますので、台数が多くなると金額もばかになりません。

簡単にPCの標準的な機能を使ってデバイスを制限するやり方もありますので、みなさんの職場のセキュリティポリシーに沿うようでしたらこんな方法はどうでしょうか。

私の職場のPCには以下のやり方で制限がかけてあります。

・BIOSでUSBやFLOPPYなどのデバイスを無効(disable)にする。
・BIOSにパスワードで変更の制限をかける。

以上のように設定するとBIOSでデバイスが無効化されるので、パスワードを知らない人は設定変更ができません。費用がかからずお手軽な方法だと思います。

※ただし、BIOSのパスワードを忘れると悲惨なことになりますので、くれぐれも設定したパスワードを忘れないように管理しておきましょう。(^^;)



スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。