WindowsXP/VISTAの環境をWindows 転送ツールを利用してWindows7へ移行する

WindowsXPやVISTAからWINDOWS7への環境移行にはWindows 転送ツールを利用するととても簡単に環境移行ができます。

新しくWindows7をインストールしたPCから、外付けハードディスク(共有のネットワークドライブやPC本体のハードディスクドライブでも可能)を利用して環境を移行する手順をご紹介します。

アクセサリ-システムツール-転送ツールを利用して現在の環境をWINDOWS7に移行しましょう。
IMAGE000.jpg

▼外付けハードディスクを選択
IMAGE001.jpg

▼新しいコンピューターを選択
IMAGE002.jpg

▼保存済みですか?の問いに「いいえ」を選択
IMAGE003.jpg

▼「今までのコンピューターにインストールする必要がある」を選択
IMAGE004.jpg

▼外付けハードディスクを利用
IMAGE005.jpg

あとはメッセージに従って転送作業をしてください。

この転送ツールを使うとほぼすべてのデータと設定を新しいWINDOWS7に移行させることができます。また、移行後に再インストールが必要なプログラムもアクセサリ-システムツール-転送ツール レポートから一覧表示で確認することができます。

以前の環境でムービーメーカーやWindows Mailなどを使われていた場合はWindows7には入っていませんので、Windows Liveお勧めパックをダウンロードする必要があります。

ただし、新しいムービーメーカーはDVカメラのテープに書き戻しができないため、テープに書き戻しを必要とする場合は、Windows Movie Maker 2.6をダウンロードする必要があります。

なお、市販のPCの中にはWindows Liveのプログラムの一部があらかじめメーカーによってプリインストールされている場合がありますので、通常のパッケージ版のWindows7とは少し状況が違うようです。

また、環境移行後、新しいPCにアンチウイルスソフトが入っていない場合は、まず最初にアンチウイルスソフトを入れたほうが良いので、当面、下記のMicrosoftご謹製のウイルス対策ソフトをインストールしておくと安心です。
Windows Security Essential

▼参考サイト

Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方

Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(1): 世の中は不思議なことだらけ

▼Windows 開発統括部 Blog

Windows 7 の Windows 転送ツールをご紹介します

Windows 開発統括部 Blog : Windows 7 の Windows 転送ツールをご紹介します

Windows 7 の Windows 転送ツールへのご質問について

Windows 開発統括部 Blog : Windows 7 の Windows 転送ツールへのご質問について

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。