Google日本語入力システムからMS-IMEに戻しました。

先日、GoogleからIME(日本語入力システム)がリリースされました。という記事を書かせていただき、しばらく使っていたのですが、ある程度長く使っていると、どうにも使いにくい部分が出てきました。

悩んだ末、MS-IMEに戻すことにしました。以下はMS-IMEからGoogle日本語入力システムに変更した場合のデメリットです。

Google日本語入力システムをMS-IMEと比較していまいちな部分

同音異義語の辞書が表示されない。

これは完璧な日本語を操れる人ならまったく問題が無いのですが、やはり文章を作成する上でちょっとした辞書が標準で表示されるのはありがたいです。

変換候補が口語調

変換する際に出てくる候補が話し言葉に偏っているため、通常のビジネス文書を作成する場合にはあまり効率が良くないことに気がつきました。

全般的にプライベートでパソコンからメールを打つような用途の場合は問題はなく、便利なのですが、ビジネス文書の作成などと併用して利用するのには向いていないように感じました。

これからGoogle日本語入力システムをインストールされる予定の方のご参考に。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。