Linuxでディスプレイ交換後にrun level 5(GUI)に移行する際の不具合

クローズなネットワーク環境でオープンソースのグループウェアー(SkyBoard)を入れて使っていた内部事務用のFedoraCore3(古っ!)がインストールされたPCで使用していたモニターが故障してしまいました。

新たに17インチの液晶モニターに付け替えようと、特に深く考えずにinit 5コマンドを使ったところ、GUI起動プロセスの途中で不具合が出て画面が表示されなくなってしまいました。やばい。

いろいろと試行錯誤した結果、このときは Ctrl+Alt+F2を押すことにより、テキストモード画面を表示することができ、コマンド入力画面に戻ることができたので、テキストモードに復帰後、X設定のコマンドを実施することで無事正しいディスプレイ設定を行うことができました。

モニターを交換するときは事前にXの設定をしておいてから、モニター交換をしたほうが無難というお話でした。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。