マイクロソフト オフィス 2007/2010のファイル(拡張子.docx .xlsx .pptx)が開けないときは?

旧バージョンのマイクロソフトオフィスを使っていたり、そもそもマイクロソフトオフィスを使っていないのに最新バージョンのオフィスファイルがメールに添付されて届くことはみなさんありませんか?

・・・管理人はよくあります。

オフィスの新バージョンはアップグレード版でもそれなりの値段がしますので、そんなにすぐにバージョンアップなんてできないですよね。(T_T)

そんなときに重宝するフリーソフトをご紹介したいと思います。

Office XP/2003で2007以降のバージョンのオフィスファイルを開く方法

Office XP/2003をお持ちの方であれば下記の「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック」をダウンロードしてインストールすることで2007以降のバージョンのオフィスファイルの内容を閲覧することができます。

Microsoft Office 2007 の Word 、Excel、および PowerPoint で導入され、Office 2010 でも引き続き同様のアプリケーションで採用されている Open XML ファイル形式の文書、ブック、およびプレゼンテーションを開いたり、編集、保存を行うことができます。

ダウンロード詳細 Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック

オフィスなしで2007以降のバージョンのオフィスファイルを開く方法

オフィスなしで2007以降のバージョンのオフィスファイルを開くにはソフトウェア別に下記のURLからビューワーをダウンロードすることで内容を閲覧することが可能です。

ワードファイルを開く

ワードビューワーと互換パックを組み合わせて使用することで閲覧可能です。

Word Viewerのダウンロード

Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックのダウンロード

エクセルファイルを開く

エクセルビューワーをインストールすることで閲覧可能です。
Excel Viewerのダウンロード

パワーポイントファイルを開く

パワーポイントビューワーをインストールすることで閲覧可能です。

PowerPoint Viewer 2007 のダウンロード

以上のフリーソフトを必要に応じて組み合わせて使うと快適に新バージョンのオフィスファイルを閲覧することができるようになります。でも、そもそも最新ファイル形式が必須でなければ汎用的なOffice 97-2003形式の旧バージョンファイルを送ってもらえると助かるんですが・・・ブツブツ。

新しいオフィスファイルの特殊な開き方

特殊な方法ですが、新しいオフィスのファイル形式のファイルの拡張子を.zipに変更することで、中に圧縮して格納されているオフィスのファイルを開くことが可能になります。

ただこの方法で開くとオフィスファイル内部のxmlファイルなどに分かれた構成ファイルを個別に閲覧することになりますので、大まかな確認程度の利用方法となります。

参考サイト

docx形式のWordファイルがメールで送られてきたけど開けない。
が、とりあえず中身だけみたい場合に使えるかも。

Office2007がない環境でdocxファイルを開く方法 – セカンドノート

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。