ネットワーク上の共有フォルダからファイルやフォルダをローカルにコピーするときに、毎回「Windowsセキュリティ」画面が表示されてうんざりする場合の対処方法

ネットワーク上にある共有フォルダからファイルやフォルダを自分のPCにコピーするときなどに、「Windowsセキュリティ」画面が表示されてしまう場合があります。

▼Windowsセキュリティの画面
Windowsセキュリティの画面

「Windowsセキュリティ」画面には「これらのファイルは、コンピューターに害を及ぼす可能性のあるファイルが1つ以上あります。

これらのファイルを使用しますか?」と表示されており、一瞬ドキッとしますが、これはまだ信頼されていないサイトからのファイル操作に対して例外なく表示されてしまうもののようです。

「Windowsセキュリティ」画面を表示させないようにする方法

「Windowsセキュリティ」画面を表示させないようにするためには、インターネットオプションのセキュリティタブで信頼済みサイトを設定します。

▼インターネットオプションのセキュリティタブで信頼済みサイトの「サイト」ボタンをクリックします。
インターネットオプションのセキュリティタブで信頼済みサイトを設定

▼「このWebサイトをゾーンに追加する」欄で信頼済みサイトに共有PCを追加します。
信頼済みサイトに共有PCを追加する

※サイト名は「file://*.共有PC名またはドメイン名」というように設定します。

▼追加ボタンをクリックして信頼済みサイトの追加が完了しました。
信頼済みサイトの追加完了

もっと簡単な信頼済みサイトの登録方法

ネットワーク上で共有されているPC名などがよくわからないという方は、ご利用の対象PCの共有フォルダをネットワークドライブに割り当てて、その割り当てたドライブ名で信頼済みサイトを登録する方法がわかりやすいです。

▼ネットワークドライブの割り当てがされたドライブ名でも設定が可能ですので、設定されたネットワークドライブ名を入力して追加します。
ネットワークドライブの割り当てがされたドライブ名でも可

▼いったん下記のようにドライブ名でサイトが設定されますが、
いったんドライブ名でサイトが設定されます

▼設定画面を閉じたあと、再度信頼済みサイトの設定を開くと、自動で正しいPC名を使って設定がされています。
再度、信頼済みサイトの設定を開くと、正しいPC名の設定が自動でされています。

以上の設定で、「Windowsセキュリティ」画面が表示されなくなります。

なお、設定をした後はログオフをしないと設定が有効になりませんのでいったんログオフをしてから再度ログオンして設定を有効にしてください。

おまけ

ネットワークドライブの設定に関してはこちらの記事のリンクを参考にしてください。

▼ネットワークドライブ設定の参考サイト

Windows XP上のマイクロソフト オフィスで「現在のユーザー用にインストールされていません。セットアップを実行してアプリケーションをインストールしてください。」というエラーメッセージが出て使えない場合の対処方法 | パソコンと家電の豆知識

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。