Pioneer DV-410V DVDプレイヤーのファームウェアをアップデートしてマルチリージョン(リージョンフリー)化

この記事の目次

Pioneer製DVDプレイヤーまとめサイトはこちら

パイオニアのDV-410Vはファームウェアをアップデートすることでマルチリージョン(リージョンフリー)化が可能です。

今まではリージョン1のDVDを見るためにホームセンターなどで売っている3-5千円程度の中国製のマルチリージョンDVDプレイヤーを使っていたのですが、画質と耐久性に難があり、日本のメジャーな企業の製品を一度使ってみようと思っていました。

Pioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-K ブラック

Pioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-S シルバー


子供が英語に慣れ親しめるように、主にAmazonUSAで購入した北米リージョン1の子供向け番組(ブルースクルース、バーニー、スポンジボブなど)を再生する必要に差し迫り、今回DV-410Vのマルチリージョン化を検証してみました。

マルチリージョン(リージョンフリー)化に関する注意事項

【注意事項】 ファームウェアのアップデート作業に失敗すると最悪DVDプレイヤーが使えなくなります。当方で作業した時もブレーカーが落ちないよう、大きな電力を使うようなコタツ、レンジ、電熱調理器などの電源を全てオフにし、家族に絶対に使わないでほしいと伝え、細心の注意を払い作業をしています。

ファームウェア変更後はおそらくメーカー保証が効かなくなると思いますので、リスクを負えない場合は最初からマルチリージョン化されている海外向け仕様のDV-410V DV-420V(日本未発売の新型)が下記の通り、DV-410V通常価格+数千円程度で購入できますので、安全のためそちらのご購入をお勧めします。

現在ではマルチフォーマット対応のDV-420V、DV-610AVのほうがノーマルDV-410Vより安く買えますので、新規で手に入れたいと思われている方はぜひ下記の最初からマルチフォーマット仕様のDVDプレイヤーのご購入をご検討下さい。

Pioneer 高精細画質DVDプレーヤー DV-420V-K(光沢黒) Multi-Format DVD HDMI対応【海外仕様】

Pioneer 高精細画質DVDプレーヤー DV-420V-S(シルバー) Multi-Format DVD HDMI対応 【並行輸入品】

また、同じく海外向けマルチリージョン仕様でSACD/DVDオーディオが再生可能なDV-610AVが、DV-420V通常価格+数千円程度で購入できます。SACD/DVDオーディオを再生したい方はこちらがベストです。余裕があるなら迷わずDV-610AVをご購入下さい。

※DV-610AVを購入した場合のメリットについてはDV-610AVをオススメする理由をご覧ください。

Pioneer DV-610AV-K(黒) DVDオーディオ・SACD対応 プレミアムDVDプレーヤー【海外仕様】

万が一、当サイトの情報を用いた結果、何らかの障害がDVDプレイヤーに起きても、責任は負いかねますのでご了承願います。

ファームウェアの入手

DV-410Vをマルチリージョン化するためには下記のサイトでマルチーリージョン用ファームウェアを入手して、ファームウェアをアップデートすることでリージョン2以外のDVDを見ることができるようになります。下記は実際に当方で試したYJB8507B_V22_CP1252のファームウェアをご紹介しています。

サイトトップ|PioneerFAQ

DV-410Vのページ|PioneerFAQ

  • DV-410Vファームウェアのページ|PioneerFAQ
    • オリジナルファームウェア
      直接リンクができないため、上記ファームウェアのページより「YJB8223B」というファイルをダウンロードしてください。
    • マルチリージョン化ファームウェア
      直接リンクができないため、上記ファームウェアのページより「CP1252」という欄のファームウェアファイルをダウンロードしてください。
      ↑このファームウェア(機器内蔵プログラムファイル)でマルチリージョン(リージョンフリー)化します。

CDへの焼き付け

上記リンクから入手したファームウェアをCDに焼きます。当方はB’s Recorder GOLD8を利用しましたが、ISO9660形式のデータCDを焼けるソフトなら何でも構わないと思います。(JOLIET形式で焼いたファームウェアアップデートCDでも読み込めたとの情報あり。当サイトでは未検証。)

焼きこみソフトウェアを通常のデータCD(※ISO9660形式のデータCD)を作る状態にしてファームのYJB8507B.BINファイルをデータとしてドラッグ&ドロップし、ボリュームラベルを大文字でPIONEERとしてください。

なお、ダウンロードしたファイルを解凍して出来るファームウェアのバイナリーファイルのファイル名に含まれるアルファベットは全て大文字となっていますので、文字の種類を変えずに焼きこんでください。

ファームウェアのアップデート

作成したファームウェアアップデートCDをDV-410Vに読み込ませることでアップデートを行います。

▼ノーマル起動画面
DV410normal

▼ノーマル日本語メニュー
menu japanese

アップグレード手順

ダウンロード後、ファイル解凍時に添付されているReadme.txtのアップグレード手順を抜粋して部分引用。

UPGRADING:
1. Turn on the player, and open the disc tray.
2. Put the Firmware Update Disc on the tray, and close the tray.
3. A screen will be displayed inviting you to push the “play” button to start the update.
4. The player will load the data, and the tray will open again. Remove the Firmware Update Disc from the tray now. Leave the tray open. The update process will complete in few minutes.
5. Wait until the update process finishes and the DVD logo is shown on the screen.
Attention: DO NOT unplug the power cable or turn off the player during the update process.

PioneerFAQ

手順の翻訳(意訳です。稚拙ですが・・・)

↓最後の注意書き部分は最初に翻訳しました。

Attention: DO NOT unplug the power cable or turn off the player during the update process.
(注意!プレイヤーのアップデートの最中は決して電源を切ったり、電源コードを抜いたりしないでください!)

1. Turn on the player, and open the disc tray.
(プレイヤーの電源を入れ、ディスクトレイを開けてください。)

2. Put the Firmware Update Disc on the tray, and close the tray.
(ファームウェアのアップデートディスクをトレイの上に載せ、トレイを閉めてください。)

3. A screen will be displayed inviting you to push the “play” button to start the update.
(画面にアップデートを始めるなら再生ボタンを押すようあなたに求める表示がされるでしょう。)

▼この時点で下記の画面が表示されないようならファームウェアアップデートCDの作成に失敗している可能性があります。
upgrade?

▼上記画面が表示されてから指示のとおり再生ボタンを押すと下の画面(アップデート中)
upgrading

4. The player will load the data, and the tray will open again. Remove the Firmware Update Disc from the tray now. Leave the tray open. The update process will complete in few minutes.
(プレイヤーはファームウェアのデータを読み込みます。そしてトレイが再び開くでしょう。そうしたらすぐにファームウェアのアップデートディスクをトレイから取り除いてください。そのままトレイを開いた状態にしておいてください。アップデートは2-3分で完了するでしょう。)

▼トレイが開きます。トレイからCDを取り除きアップデートが終わるまでしばらく待ってください。
open tray

5. Wait until the update process finishes and the DVD logo is shown on the screen.
(アップデートが終了するまで待ってください。そしてDVDのロゴが画面に表示されます)

▼最終的にアップデートが成功すると初期画面がシルバーのPIONEERロゴに変わり、以下のようになります。
DV410custom

 ※コメント欄にてCafeLatte様より、手順5の後、電源を消すまえに「決定」ボタンを5,6秒ほど押し続ける必要があり、決定ボタンを押し続けると電源が切れ、リージョンフリーとなるというご指摘をいただきました。これまでの手順でリージョンフリー化が出来なかった方は一度お試しください。

管理人のリージョンフリー化の手順メモが不十分だったかもしれません。時間を作って後日もう一度検証してみたいと思います。

CafeLatte様、情報提供どうもありがとうございました。m(_ _)m

以上が、アップデートの翻訳と手順です。気分に余裕を持ってあせらずに実行してください。

なお、アップデート後はデフォルト表示が日本語になっている関係からメニューが必ず文字化けします。メニューを利用するためにはデフォルト言語を英語に設定することが必要となります。

文字化けした表示を英語メニューに変更する。

ファームウェアをアップデートした直後は100%文字化けします。事前に英語に言語を設定しておいてもファームウェアのアップデートにより、設定自体が初期化されることで文字化けを起こしてしまうようです。

▼文字化けしたメニュー画面。まず一番左下の「EF7@」を選択。
mojibake

▼次にメニューで「1」→「Ab^_]」→「English」を選択。
mojibake settei

▼上記でEnglishが選択されると、英語メニューに変更される。
english settei

▼実際はこんな設定画面でした。DVD Menu Lang.もEnglishに設定する必要があるかも?確認のためにアップデートをもう一度するのは怖くてできません。(^^;)
english

▼英語の初期メニュー画面はこちら
english menu

ファームを初期状態に戻す場合

あらかじめオリジナルファームウェアをダウンロードして上記手順でオリジナルファームウェアのCDを作成し、マルチリージョン(リージョンフリー)化の時と同様に読み込ませれば初期状態に戻ります。

マルチリージョン化ファームウェアCDとオリジナルファームウェアCDによるファームウェア書き換えは手順がまったく同じのため、挿入するCDの違いだけになります。なお、オリジナルファームウェアに書き換えると文字化けが直り、購入時と同じ日本語のメニューになります。

Pioneer DV-410V最高です!

Pioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-K ブラック

Pioneer DVDプレーヤー HDMI対応 DV-410V-S シルバー

今までの中国製の無名メーカーDVDプレイヤーとの差は歴然で、素晴らしい画質と音質です。HDMI出力を装備していますので、アップスケーリングしてハイビジョン出力することができます。これまで買い貯めた市販DVDの映像がまるで別物です。

Amazonベーシック 2層シールド ハイスピード HDMI バージョン1.3b対応ケーブル (2.0m) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

皆さんもこれを機にPioneerDVDプレイヤーを使ってみてはいかがでしょうか。

Pioneer DV-610AVも同様にマルチリージョン(リージョンフリー)化出来そうです。

Pioneer DVDプレーヤーDVDオーディオ/ビデオ・SACD対応 DV-610AV

リージョンフリー化に使ったサイトにDV-610AVのファームもありましたので、ご紹介しておきます。ただ、これに関しては実機が手元に無いため検証できていません。そのため実際にマルチリージョンに出来ることを確認していませんのでご了承ください。

DV-610AVのページ|PioneerFAQ
DV-610AVのファームウェア掲載ページ|PioneerFAQ

ただし、Amazonで海外向けマルチリージョン対応DV-610AVが数千円程度の差で購入できますので、価格差が許容できるなら断然こちらを購入すべきだと思います。

Pioneer DV-610AV-K(黒) DVDオーディオ・SACD対応 プレミアムDVDプレーヤー【海外仕様】


DV-610AVをオススメする理由

DV-410Vを購入するときに、DV-610AVとどちらにしようかかなり迷いました。DV-610AVとDV-410Vの主な違いはSACD/DVD-Audioの再生に対応していることと若干の再生可能ファイルの差ですが、予算に余裕があるようでしたらDV-610AVを購入することをお勧めします。

Webを検索すると、Pioneer製DVDプレイヤーの基盤がGoldmundの定価140万円位する高級SACD/DVD-Audioプレイヤーの中身の基盤に使われているという情報(下記引用元参照)があります。

We even included the reference of all the Pioneer parts we use

GOLDMUND – Newsletter – February 2008

パイオニアの2万円のプレイヤーに140万円出す価値がある音・映像を持っている、と判断した
であればパイオニアにとってこの上ない宣伝になります。

ゴールドムンドGOLDMUNDの真実(おまけ)

 使われている基盤は旧機種DV-600AVのものですが、後継機種のDV-610AVのSACD/DVD-Audio再生機能が旧機種より劣るということは考えにくいので、単純に考えて2万円弱で140万円の音を再生するための機器の基盤を搭載したDVD兼SACD/DVD-Audioプレイヤーが買えるのなら、購入した人はとても幸せになれると思います。

後々DVD-Audioが聞きたくなったときに高価な専用プレイヤーを買わなくても音質の評価が高いDV-610AVを購入していれば追加出費をせずに高音質のDVD-Audioを楽しめます。

なお、SACD/DVD-Audioの再生をする必要が無く、DV-610AVで追加されているファイル形式を再生しないなら、DVDプレイヤーとしてはDV-410Vで機能的に十分だと思います。

補足情報

▼ファームウェアのアップデートの際は、このページに機種名が掲載されているDVDプレイヤーのファームウェアが比較的安全だと思われます。

DVDページトップ|PioneerFAQ

▼ファームウェア一覧のページですが、上記DVDページトップに名前が掲載されていないプレイヤーは何らかの調整中の可能性があり、使用を控えたほうがいいかもしれません。

DV-410AVを含むその他のファームウェア掲載ページ|PioneerFAQ

以上、長文ご容赦のほどを。長々とお付き合いありがとうございました。m(_ _)m

【参考】DV-410Vを最新ファームでリージョンフリー化されたselmel様の記事です。旧バージョンでアップデートした場合との相違点をご紹介されています。

Pioneer DV-410Vのリージョンフリー化

Pioneer DV-410Vのリージョンフリー化 – さんっ、ななっ、はっち ~本店~

Pioneer製DVDプレイヤーまとめサイトはこちら

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメント

  1. Milkey より:

    すみません。質問です。
    この記事を読んで私も購入しました。そして、マルチ化を試みましたが、無事に表示は変わるものの、またFBI画面をとばす等の機能も働くものの、NTSCリージョン1(アメリカ)のDVDを再生できません。何か、設定し直す必要があるのでしょうか?

  2. neo より:

     Milkey様はじめまして。管理人neoと申します。
     ご質問の件ですが、再生できないリージョン1のDVDはどのようなタイトルでしたでしょうか。
     最新の洋画DVDの中にはオールリージョンDVDプレイヤーだと再生できないようにDVDディスク側で制限をかけている場合もあるという情報もありますので、もしかしたらそのようなディスクなのかもしれません。
     再生できなかったDVDの他にNTSCリージョン1のDVDをお持ちでしたら、一度他のディスクも再生をしてみてください。もし再生が可能なら、ご質問の再生ができないDVDディスクに何らかのプロテクトがかかっている可能性があります。
     最初からマルチリージョン化されているDVDプレイヤーでも、一部再生不可能なDVDディスクは存在し、全てのディスクの再生を保証しているものは少ないようです。
     当方の環境ではNTSCリージョン1のSpongeBob SquarePants,Dora the Explorer,Blue’s Clues,BEN10,WALL-E,Barney,Castle in the sky(天空の城ラピュタ英語版),My Neighbor TOTORO(となりのトトロ英語版)等が問題なく再生できています。
     手元にあるDVDは子どもの英語の勉強のためにAmazonUSAで購入したDVDが多く、子ども向けの番組やアニメなどが主ですが、今まで再生できなかったDVDはありませんでした。
     参考までに、記事の中で当方で使用したファームウェアーのバージョンは解凍時にできるフォルダ名で
     YJB8507B_V22_CP1252
     でした。他のファームウェアーの検証はしていませんので、バージョンによる差もあるのかもしれません。
     なお、記事の手順で起動画面のPioneerロゴが赤からシルバーになり、文字化けを英語化するところまで作業が終わればあとは特に設定することはありませんでした。
     以上、参考になれば幸いです。

  3. CafeLatte より:

    横から失礼します。
    手順の5の後、何も書かれてませんが電源を消すまえに「決定」ボタンを5,6秒ほど押し続ける必要があります。そうしなくてもリージョンフリーになる場合もあるそうですが、基本的に決定ボタンを押し続けると電源が切れ、それでリージョンフリーになります。
    私も最初、そうせず、普通に電源を切ったためリージョンフリーができませんでした。2度目に成功しました。あくまでご参考までに。

  4. neo より:

     CafeLatte様はじめまして。コメント投稿ありがとうございます。管理人neoと申します。リージョンフリー化に関する情報提供どうもありがとうございました。
     当方DV-410Vのリージョンフリー化時に、一応メモを取りながら進めていたのですが、手順の最後なので気が抜けてメモの取り方が不十分だったかもしれません。(^^;)
     CafeLatte様の情報を基に記事に加筆させていただきました。CafeLatte様のおかげでより詳細な手順を訪問者の皆さんにご提供することが出来ます。
     m(_ _)m 情報提供本当にありがとうございました。

  5. Jun より:

    DV-310のリージョンフリー化に必要なファイルを教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  6. neo より:

    Junさまはじめまして。
    お尋ねの件ですが、当方未検証ですが、
    http://region-0.com/links/links.html
    にあるリンクで、PioneerFAQというサイトの
    ■ファームウェアー一覧ページ
    http://www.pioneerfaq.info/index.php?question=Firmwares
    のDV-310の項目のところにある
    Pioneer YJA8703A Multiregion 4276というファイルで大丈夫なのではないかと思います。
    ファームウェアーのアップデートはリスクを伴いますので、ご承知の上でチャレンジしてみてください。
    Junさまがもし試されるようであれば、その後の結果をお教えいただけたら幸いです。

  7. Jun より:

    neoさま
    さっそくのお返事ありがとうございます。教えていただいたファイルYJA8703A Multiregion 4276(4288のことですよね)を試してみたいと思います。試したら、結果をご報告させていただきます。
    ありがとうございました。

  8. neo より:

    Junさまコメントありがとうございます。
     そうですね。そのファイルです。
     一番右の数字はDownloadsとなっていますので、トータルのファイルのダウンロード数みたいですね。バージョン情報かと思っていたのですが、日々数値が変わっていくみたいですね。今見たら4296となっていました(^^;)。
     紛らわしいことをお教えしてごめんなさい。m(_ _)m
     Junさまのファームウェアーアップデートがうまく成功することをお祈りしています。

  9. chao より:

    はじめまして。chaoと申します。
    Junさんの質問を参考にして、DV310を使って同様の方法でリージョンフリー化を図りました。
    しかし手順4までは進めるのですがロゴが変わらず元のロゴが表示されます。
    このときプレーヤーのディスプレイにはCLEARと表示されます。何か解決策はありますでしょうか?

  10. neo より:

     chaoさま。はじめまして。
     以前、コメント欄にてCafeLatte様より、「プレーヤーによっては、電源を消すまえに「決定」ボタンを5,6秒ほど押し続ける必要があり、決定ボタンを押し続けると電源が切れ、リージョンフリーとなる」というアドバイスをいただいていますので、この辺はいかがでしょうか?一度お試しください。
     もし、この方法でだめなようでしたら、もう少しアップデートのときの状況を詳細にお示しいただけませんでしょうか。

  11. chao より:

    neo様
    回答ありがとうございます。
    実は質問後に問題が解決しました。
    というのも、試しに見たいDVDを入れると先程まで見れなかったのが見れるようになっていました。
    DV310の場合、リージョンフリー化されてもロゴは変わらないようです。
    自分は詳しくないのでよくわかりませんが
    ファームウェアがそういう仕様なのかもしれません。
    いずれにしろ、こちらのサイトを参考にさせてリージョンフリー化できました。
    ありがとうございました。

  12. neo より:

    chaoさま。結果報告のコメントありがとうございます。
     無事リージョンフリー化できてよかったですね。おめでとうございます。当エントリーで使用しているファームウェアーのバージョンはDV-410Vのものですし、少し古いものなので最新のファームウェアーのロゴとは少し違うようですね。
     お望みどおりリージョンフリー化できたようですので、これからは海外のDVDを思う存分に楽しんで下さいね。(^^)/

  13. ニッキー より:

    初めまして、
    DV-420Vのモデル買ったんですが、市販で販売してるDVD-Rを買って、やって見ましたが、プレーヤーに入れると読み込みできないみたいです。
    やっぱりDV-420Vのモデルはリジョーンフリー化がダメでしょうか。ご存知であれば教えて頂くと幸いです。

  14. neo より:

     ニッキー様。始めまして。ご訪問ありがとうございます。
     DV-420Vに関しては当方でファームウェアー更新の可否を実際に確認できていませんが、Pioneer FAQの下記のURLにDV-420Vのファームウェアーが公開されているため、リージョンフリー化は可能だと思われます。
    http://www.pioneerfaq.info/english/dv420.php?player=DV-420V&question=Firmwares
     ただ、サイトの内容を確認するとファームウェアーの一覧に「Only for 2009 models」、「Only for 2010 models」の区分けがありますので、機器の製造年月日によって違うファームウェアーを適用する必要がありそうです。
     ファームウェアーの適用はとりあえずは「Multiregion」と表示のあるバージョンがそれっぽいですね。
     あとは当エントリーの「CDへの焼き付け」の項を参照して正確にファームウェアーのアップデートCDを作成することが重要です。特にボリュームラベルを大文字でPIONEERとすることが忘れられがちですのでご確認をお願いします。
     最後になりますが、ファームウェアーのアップデートは最悪の場合DVDプレーヤーが使用不能となることも考えられますので、十分にリスクをご考慮のうえ、チャレンジしてみてください。
     もし、ファームウェアーのアップデートに成功したら、今後の参考に、アップデートご成功の報告をコメントいただけると幸いです。

  15. kenny より:

    パイオニアDV420を購入しまして、こちらのページに
    たどりつきました。貴重な情報ありがとうございます。
    で、^^;、大失敗をしでかしました。
    DV420の2010年もの、シリアルの数字が5で、始まるのは、こっちだぞぅ、と、知っていて、2009年ものを
    アップデートしてしまいました。^^;
    表示 ーoff-で、なんの操作も受け付けません
    救い道はあるのでしょうか?もし、何かご存知でしたら
    お教えください。(自己責任は理解しておりますので)
    そんな方法無いよ、でも結構です。
    よろしくお願い申し上げます。

  16. neo より:

     kennyさまご訪問ありがとうございます。
     ご質問を受けて昨日から情報を探していましたが、復活につながるような情報を探すことが出来ませんでした。
     また、残念ながら当方では、機種の異なったファームウェアーでのアップデート後の不具合の対処について情報を持っていません。申し訳ありません。
     DVDプレイヤー自体がほかのファームウェアーへのアップデートを受け付けない場合はメーカーでの修理が必要だと思われます。
     メーカー修理以外でファームウェアーを復活させるそのほかの方法は、考えられる可能性で言うとPCのマザーボードのBIOS-ROMの復活のように、同型の機種の基板上にあるファームウェアーが保存されているROMの内容を壊れてしまった機器のROMにコピーするというような方法が考えられますが、この方法をとると、ROM焼き機と同一のファームウェアーが載った同型機種の入手が必要になりますので、あまり現実的だとは思えません。
     kennyさまのお役に立てずに大変申し訳ありません。m(_ _)m
     何か情報が入りましたらサイト上にアップさせていただきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

  17. neo より:

     kennyさま。お世話になります。
     ふと思ったのですが、クリアボタンの長押しをしてみてはどうでしょうか?何か状況に変化はありませんか?

  18. kenny より:

    neoさま
     ありがとうございます
     丁寧なご教授に感謝いたします。
     もう、あきらめました(涙)
     2台目を注文しましたぁ。^^;

  19. neo より:

     kennyさま。
     今回は本当に残念でしたね。リージョンフリー化はリスクは大きいですが、成功した時のメリットも大きいので悩むところですよね。
     いつか良い情報が手に入って1台目が使えるようになるといいですね。

  20. kenny より:

    neo様、皆様、
    色々とお教えいただきまして
    有難う御座いました。
    今回は、手痛い経験をしましたが(笑)
    これにこりずに頑張ります。
    時々、勉強のためにおじゃまさせて頂きます。
    どうぞ、よろしくお願い致します。

  21. ぴのむ より:

    はじめまして。
    DV-410Vのファームウェアーのアップデート中に電源が落ちるという悲劇が起こりました。
    通電はされるものの、電源すらはいらなくなってしまいました…
    やはり新しく買い直すしかないでしょうか?

  22. neo より:

     ぴのむさま。はじめまして。お返事が遅くなり申し訳ありません。
     ファームウェアーのアップデート中に電源が落ちたということは、ファームウェアーを保存するフラッシュROMに書きかけの新しいファームが一部分しか書きこまれず、起動が出来なくなっているものと思われます。
     ファームウェアーを書き換える機能が働かないと正常なファームウェアーを製品が取り込むことが出来ませんので、今のままでは正常動作は難しいように感じます。一度修理を検討してみてはいかがでしょうか。
     お役に立てずに申し訳ありません。

  23. サントレ より:

    はじめまして。
    数年前ここを参考にさせていただき410Vをフリー化し現在も楽しく使用しております。
    知人に頼まれ今回420Vの新品をフリー化をいたしました。
    ネット上に2010年モデルCP1252でフリー化しないとの書き込みを目撃したため、2010年用CP1251を使いフリー化しました。
    もしかしたら現在はどれをダウンロードしてきても同じなのかもしれませんけど。
    手順は410Vと全く同じです。
    ちなみに今回使用した420Vは2011年製・製番KLKD5*****JPです。
    メニュー画面の文字化け云々は私の場合問題なく、何もせずとも日本語表記のままです。
    410VもCP1253をあてましたが、メニューはやはりそのまま日本語表記でした。
    これからチャレンジされる方の参考になればと思い書き込みいたしました。

  24. neo@管理人 より:

    サントレさま。ご訪問とコメントありがとうございます。
    今後、フリー化に挑戦する方のとても良い参考情報になると思います。DV-420Vのリージョンフリー化に関する貴重な情報をどうもありがとうございました。m(_ _)m

  25. John より:

    はじめまして。私、DV-420Vのマルチリージョン化の際にこちらの書き込みを参考にさせて頂き、無事に成功しました。心から感謝します。
    2011年製と記載されてましたが、番号が5~でしたので、FOR 2010のCP1251を使用しました。
    なお、ORIGINALにあるMultiregionとあるファイルは読み込みませんでした。
    早速、輸入版の音楽DVDを楽しんでいます!ありがとうございました。

  26. neo@管理人 より:

    Johnさま、はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
    DV-420Vのマルチリージョン化が無事に成功してよかったですね。併せてリージョン化の時の細かな情報のご報告も感謝いたします。
    >早速、輸入版の音楽DVDを楽しんでいます!ありがとうございました。
    こういった海外の見たいDVDがみられる日本のメーカー製(生産は日本でありませんが)プレーヤーが存在することは本当にありがたいですね。お役にたててうれしいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。