Windows Live メールを使用していてメールボックスがパンクしてしまう場合の対処方法。

Windows Live メールはデフォルトでは「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定になっていますので、メールを受信してもサーバー側のメールが削除されません。この状態で使用を続けるとメールボックスがいずれパンクする恐れがあります。

メールボックスの容量に余裕がない方は「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定のチェックボックスを必ずオフにしておきましょう。

設定方法

まず、メニューバー上のメニューボタンをクリックし、メニューバーの表示をクリックします。

※ちなみにデフォルトではメニューバーは表示されていませんので、この操作をしないとどこで設定してよいのか全く分かりません。

その後ツール|アカウント|自分のアカウントをクリックしてプロパティをクリックすることで設定画面が開きます。設定画面の詳細設定タブの配信欄にある「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックボックスのチェックをはずします。
サーバーにメッセージのコピーを置く

▼参考になるサイト

Windows Live Mail メールサーバにメールを残さない設定の方法

Windows Live Mailでメールをサーバーに残さない設定/沖縄ケーブルネットワーク株式会社 OCN

Windows Live メールをいろいろ変更

Windows Live メールをいろいろ変更: 世の中は不思議なことだらけ

Windows Liveメールって…

なんとなく日々の出来事:Windows Liveメールって… – livedoor Blog(ブログ)

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。