セキュリティが強化された「Adobe Reader X」の配布が始まっています。

3つ、4つくらい前までのバージョンのAdobe Readerは非常に重く、pdfファイルを開くのにけっこうな時間がかかったものですが、最近のバージョンのAdobe Readerはだんだんと軽くなっており、PCの性能向上もあいまって一昔前までのようにフリーの軽いpdf閲覧ソフトを使う必要がなくなってきました。

やはり純正製品を使っていることの安心感は大きく、最近ではほぼadobe製のpdfリーダーであるAdobe Readerを使っておりました。

先日、Adobe Readerの最新バージョンである「Adobe Reader X」が発表され、一般向けに配布がされる用になりました。

Adobe Reader Xのダウンロード

Adobe Reader X
この最新バージョンのAdobe Reader Xはセキュリティの面でも優れているらしく、旧バージョンからのアップデートを推奨されていますので、旧バージョンのAdobe Readerをお使い方は、できるだけ早くアップデートされるとよいかもしれません。

Adobe Readerの次期バージョン「X」では、セキュリティ対策として、プログラムの実行権限を制限するサンドボックス技術を取り入れている。

Adobe、サンドボックスで「Adobe Reader X」のセキュリティ強化 – ITmedia News

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。