Windows Defender の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードする方法

Windows Defenderを使っているとたまに更新プログラムがダウンロードできない時があります。

更新プログラム公開直後でサーバーが混んでいるような時はよくこんなことが起こるのですが、しばらく待っても更新されないような時は以下に紹介するサイトから直接Windows Defenderの更新プログラムを手に入れることができます。

このサイトでダウンロードしたファイルをインストールすればアクションセンターに表示されたWindows Defender関連のエラーを解決することができます。

Windows Defender の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードできるサイト

この資料では、Microsoft Windows Defender の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードする方法について説明します。

Windows Defender の定義ファイルの最新版を手動でダウンロードする方法

 上記サイトでMicrosoft Windows Defender の定義ファイルの最新版をダウンロードすると「mpas-fe.exe」というファイルがダウンロードされますので、そのファイルをダブルクリックして最新の定義ファイルを適用してください。

再起動後に確認していただくとアクションセンターの警告は消えているはずです。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。