拡張子encのファイルを開くには?フリーの高機能な簡単暗号化ソフト「ED」のご紹介。

ごくまれに拡張子がencというようなファイルが添付されて届くことがあるのですがこれは何のファイルなのでしょうか。

実は拡張子encのついたファイルは「ED」という暗号化ソフトで暗号化されたファイルです。拡張子encのファイルはこの「ED」をインストールすることで開くことができるようになります。

スポンサーリンク

暗号化ソフト「ED」

ED(イーディー)は強力な暗号化アルゴリズムと、使い勝手重視のシステムがウリの、Windows用フリーウェアファイル暗号化ツールです。簡単な操作で、ファイルを自在に暗号化することができます。例えばディレクトリごと暗号化してハードディスクの中身を保護したり、インターネットで秘密のファイルを送りたい場合などに最適です。暗号化されたファイルは暗号化時に設定したパスワードを用いて復号(元にもどす)するまで全く意味を成さなくなります。

EDの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ダウンロードはこちらから

EDのダウンロード

EDで行われる暗号化とは?

このEDで使われるパスワードは、一見普通のzip圧縮ファイルなどで使われるパスワードと変わりないように見えますが、実際にソフト内部で行われる暗号化は単なるパスワードの仕組みと根本的に大きく異なっています。

zipファイルで使われるパスワードは、単に開くときにパスワードを入力しないと開けないように簡単なロックがしてあるだけでファイルの中身自体は変更されていません。

これに対しEDで暗号化をしてパスワードを設定した場合は、パスワードを暗号化するときのキーとしてファイルの中身を完全に変更してしまうので、パスワードを忘れたらほぼ開くことが不可能となります。

このため、重要な情報を含むファイルをメールなどのセキュリティの弱い方法で送る際にはとても重宝するソフトになります。

暗号化する際には注意を

便利ではありますが、その反面、前述したとおり大事なファイルのパスワードを忘れてしまったら大変悲惨なことになります。

くれぐれも暗号化する際にはパスワード(キーフレーズ)を忘れないようにしてください。

EDではさまざまな暗号方法や暗号の強度(暗号化ビットが長いほど解読に時間がかかる)を選べますので、本当に大事なファイルには複雑で強度の強い暗号を、またそれほど神経質にならなくてもよいようなファイルは一般的で通常の強度を選ぶなど、必要に応じて暗号方法や強度を変更するのがよさそうです。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。