マイクロソフトワードの見出しを簡単に設定する方法

通常、マイクロソフトワードで見出しを設定するには、上部のメニューバーから見出しのプルダウン(ドロップダウン)メニューをクリックし、任意の見出しを設定するというやり方が一般的ですが、これだとマウスが必須となり、たくさんの見出しを設定する場合には不向きです。

そこで、キーボードのショートカットキーのみで簡単に見出しを設定する方法をご紹介したいと思います。

ワードの見出しをキーボードのみで設定する

ワードの見出しをキーボードのショートカットキーで表示するには以下のキーを使います。

大見出しを設定する

Alt + Shift + ←

小見出しを設定する

Alt + Shift + →

上記のショートカットキーを使えば、AltキーとShiftキー、それに矢印キーの左右を状況に応じて使うだけでキーボードのみで簡単に見出し設定ができるようになります。個人的に見出しを使う人にとっては「神」ショートカットだと思っています。

この設定の便利なところはいったん設定した見出しの上げ下げをあとから簡単に変更できるところです。

見出しの設定は少々の手間がかかりますが、「表示」-「見出しマップ」で見出しマップを表示させると、ハイパーリンクのように見出し設定をした部分に移動できるので、文字数の多い文書でも見出しを目次代わりにできて非常に使いやすくなることがメリットです。

ちなみに設定した見出しを解除して標準状態に戻すには Ctrl + Shift + N キーを使います。

皆さんも一度この便利な見出し機能を使ってみてはいかがでしょうか。

参考にさせていただいたサイト様

Wordには非常にたくさんのショートカットキーがありますが、そのうちの有名なもの、重要なもの、便利なものを一覧にまとめておきます。

Word ショートカットキー一覧:Word ワードの使い方

Word 2002 のショートカット キー

Word 2002 のショートカット キー

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。