マイクロソフト エクセルで値の貼り付けのショートカットキーを割り当てる方法

値の貼り付けは通常のやり方では「右クリック」-「形式を選択して貼り付け」-「値」をラジオボタンで選択して「OK」ボタンで貼り付けという手順になるのですが、これではちょっと不便。

エクセル2003以前のエクセルでショートカットキー一発で値を貼り付けてみましょう。

値の貼り付けのショートカットキーの設定

値の貼り付けのショートカットキーを有効にするには、メニューバーに値の貼り付けをテキストで表示する必要があります。

「ツール」-「ユーザー設定」-「コマンドタブ」の中の左の欄にある「編集」をクリックして「値の貼り付け」を表示させ、ツールバーの任意の位置にドラッグ&ドロップします。
ツール-ユーザー設定のコマンドタブで「値の貼り付け」を追加

次に表示された「値の貼り付け」のアイコン上で右クリックして「テキストのみ表示」を選択することでalt+Pキーが「値の貼り付け」のショートカットキーとなります。
ツールバーの値の貼り付けアイコン上で右クリックし「テキストのみ表示」を選択

おまけ

alt+Pが使いにくいという方は名前の&PのP部分を他のアルファベットに書き換えることでショートカットで使われるキーを「alt+”任意のキー”」に変更することができます。
名前欄の「&P」を任意の文字に変えるとそのキーがショートカットキーになります

ちなみにExcel 2007 以降のエクセルではこんなメンドクサイ設定をしなくても Ctrl+Alt+V で一発で貼り付けができるようです。 2014.3.7 追記 すみませんうそでした。この方法では「形式を選択して貼り付け」のダイアログが表示されてしまいます。

Excel 2007 以降のエクセルでは、「ファイルーオプションークイックアクセスツールバータブ」から任意の機能を一番上部のクイックアクセスツールバーに割り当てて、「alt+数字キー」で機能順でショートカットキーとして使うことができます。

Excel2003以前の設定より少しだけ簡単になりました。かな?

参考サイト

■ 形式を選択して貼り付け
計算式の入っているセルをコピーし貼り付けると、計算式がそのままコピーされてしまいます。
今表示されている数字を式としてでなく、値としてコピーしたい!という場合には形式を選択して貼り付けを行いますが、これがまたいちいち右クリックでウィンドウ開いて・・・・といちいち面倒くさい。

形式を選択して貼り付け裏技 – エクセル術

「○○のショートカットキーは何ですか?」といったご質問をいただくコマンドはいろいろありますが、[値の貼り付け]はよくご質問いただくコマンドの一つだと感じています。
▼操作手順:値の貼り付けボタンを作成しアクセスキーを表示する
メニュー[ツール]-[ユーザー設定]をクリック

[ユーザー設定]ダイアログ-[コマンド]タブをクリック

[分類]欄-[編集]をクリック

[コマンド]欄から[値の貼り付け]ボタンを
任意のツールバー上にドラッグアンドドロップ

ツールバー上に作成した[値の貼り付け]ボタン上で右クリック

ショートカットメニュー[イメージとテキストを表示]をクリック

[ユーザー設定]ダイアログ-[閉じる]ボタンをクリック
上記の操作をすると[値の貼り付け(P)]という文字列の表示されたボタンになり、[Ctrl]+[C]キーなどでコピーを行ってから[Alt]+[P]キーで値の貼り付けを行うことができます。

値の貼り付けをショートカットキーで:Excel エクセルの使い方-キーボード操作

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。