Google AdSenseの広告の許可とブロック

 Google AdSenseでは、表示された広告の中で表示させたくない広告をフィルタリングして表示しないようにする機能があります。

 あまりにもコンテンツとかけ離れた広告や情報商材っぽい広告の表示はあまり嬉しくないので、違和感のある広告が表示されたら、グーグルアドセンスの管理画面の「広告の許可とブロック」の中のURLのブロック欄に該当のURLを入れて「URLをブロック」ボタンをクリックしてフィルタリングしてしまいましょう。

 ついでに当サイトも試験的にフィルタリングをしてみようと思います。

 フィルタリングに際して、以下のサイト様のURLリストを参考にさせていただきました。これでしばらく様子を見て、表示される広告にどのような変化が出てくるのか調べてみようと思います。

どうやら、コンテンツマッチせずに無差別に掲載される広告が有るようです。
少し時間を作ってGoogleAdSenseブラックリストを作ってみた、ざっと100件弱w
主に、ペニーオークション、医療系求人ポータル、有名レンタルサーバー、有名クーポン系、Google、YouTube、一部のセキュリティソフトの広告をブロック出来ます。

96件のGoogleAdSenseブラックリストを公開 | プライベートブログ – なのっと!

ダメな広告が多すぎる
Google Adsense ブラックリスト日本版 Betaという有名サイトがありますが、機能しているかよくわからない状況です。しかし、ダメ広告は毎日どんどん増えているので、これは何とかしないといけません。最悪の場合、サイトの品位にも関わります。

週刊プレカリアート – Adsenseブラックリスト作成法

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。