ノートPCの画面って明るすぎて見にくいような気がしない?内蔵液晶画面の画面の色調整と輝度設定。

ノートPCの画面って購入した状態のままだと明るすぎて見にくいような気がしませんか?

これは店頭で見栄えのいいように、メーカー出荷時に内蔵液晶を目いっぱい明るく設定して出荷していることが原因です。

ノートPC内蔵の液晶画面には外付けの液晶モニターと違い、輝度・コントラスト設定の各種設定ボタンがないことが多いので、ここではWindowsOSからノートPCの液晶画面の設定を変更する方法をご紹介したいと思います。

内蔵液晶画面の色調整

画面の色調整をするには以下の手順で「画面の色調整画面」を開くようにしてください。

1.[スタート] ボタン→[コントロール パネル] の順にクリックします。

検索ボックスに「ディスプレイの調整」と入力し、[ディスプレイの色の調整] をクリックします。‌

2.[画面の色調整] で、[次へ] をクリックして操作を続行します。

そのあとは以下のマイクロソフトのサイトを参考にして調整をしてください。

画面の色調整を使用して色の設定を調整する
画面の色調整で色設定を変更することで、画面の色を適切に調整できます。画面の色調整で色の設定を変更すると、新しい色の設定を含む新しい調整内容が得られます。この新しい調整内容は、ディスプレイに関連付けられ、色管理プログラムによって使用されます。

ディスプレイを調整する

 内蔵の液晶ディスプレイはコントラストなどの細かな調整をする機能がありませんが、上記の色調整を行うことでかなり見やすい表示に調整することができます。

輝度の調節

上記は液晶画面の色の調整をしましたが、ここでは輝度(画面の明るさ)の調整方法をご説明したいと思います。

画面の輝度調整はノートPCの液晶でも唯一設定ボタンによる調整ができる部分ですので比較的簡単で分かりやすいと思います。

輝度設定のボタンはノートPCのキーボードの一番上の列にあるF1~F12のファンクションキーに青色などで表示のあるイラストの書いてあるキーの中に輝度調整のボタンがあることが多いです。

キーボードの左下あたりにあるイラストと同じ色をした「Fn」というキーを押しながら▲☀、▼☀のようなイラストの書いてあるキーをたたくと何段階かの区切りで内蔵バックライトの明るさを調整することができます。

ストレスなく画面が見える範囲で一番暗い設定を選ぶことで目の疲れを軽減することができますので、どうもノートPCの画面が明るすぎて疲れると思っていらっしゃる方はぜひ調整してみてください。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。