キャノン MP600のサービスモード(メンテナンスモード)の検証

PIXUS MP600 まとめサイトはこちら

※最新の記事はキャノン MP600のサービスモード(メンテナンスモード)の検証 Part2をご覧ください。

キャノンのサービスモード(メンテナンスモード)コマンドをMP600で実際に試して検証した結果をご報告したいと思います。

Canon PIXUS (ピクサス) MP600
by カエレバ

今回の検証は好奇心から実験的に実際に出来るかどうかやってみたことですので、もし、当サイトの情報を用いた結果、何らかの障害がプリンターに起きても、責任は負いかねますのでご了承願います。

スポンサーリンク

サービスモード(メンテナンスモード)起動手順

▼ストップ/リセットボタンを押したまま電源ボタンを押す

▼両方のボタンを押したまま5秒程度待つ

▼電源ボタン押したままストップ/リセットボタンからいったん指を離す

▼ストップ/リセットボタンを2回押す

▼電源ボタンから指を離す

▼液晶画面に下記のように

CANON
Idle

と表示され、電源ランプが点灯状態になったらサービスモード(メンテナンスモード)起動完了。

サービスモード(メンテナンスモード)の機能

1.レポートAの印刷

染料インクおよび顔料インクで文字列およびカラーパターン印刷

▼ストップ/リセットボタンを1回押す
電源ランプ(緑)消灯、エラーランプ(オレンジ)点灯。

▼電源ボタンを1回押す

2.レポートBの印刷

顔料インクでモノクロ文字列の印刷

▼ストップ/リセットボタンを2回押す
1回目で電源ランプ(緑)消灯、エラーランプ(オレンジ)点灯。
2回目でエラーランプ(オレンジ)消灯、電源ランプ(緑)点灯。

▼電源ボタンを1回押す

3.プリンター内部情報の初期化(廃インクタンクカウンターリセットは未検証)

※所持しているMP600で廃インクタンクエラーが表示されたことがないため、実際の効果は不明。表示がされたら検証し、ご報告させていただきます。

▼ストップ/リセットボタンを3回押す
1回目で電源ランプ(緑)消灯、エラーランプ(オレンジ)点灯。
2回目でエラーランプ(オレンジ)消灯、電源ランプ(緑)点灯。
3回目で電源ランプ(緑)消灯、エラーランプ(オレンジ)点灯。

▼電源ボタンを1回押す
※なお、試しにストップ/リセットボタンを4回以上押してみましたが、4回目以降は特別な動作はしませんでした。

サービスモード(メンテナンスモード)の終了

▼電源ボタンを1回押す

【留意事項】
・電源ランプが細かく3回ほど点滅した場合はもう一度押せば切れる。

・終了時に給紙途中の状態にある場合は、次回起動時に自動的に排紙されます。

・上記の3.プリンター内部情報の初期化をかけると、次回起動時にヘッド位置調整が必要となります。

PIXUS MP600 まとめサイトはこちら

ちなみにこちらのサイトでは米国仕様のMP600のサービスモードが紹介されています。

「PIXMA MP600の仕向地設定変更(日本版化)」

Leaf’s Diary – PIXMA MP600の仕向地設定変更(日本版化)

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

コメント

  1. 通りすがり より:

    MP600の廃インクリセットを検索していて、たどり着きました。
    教えていただけるとありがたいです。
    メンテナンスモードに入り、
    レポートA、レポートBの印刷はできました。
    リセット3回押しで、日付や印刷カウントはリセットされましたが、廃インク(レポートB 4行目のD=**の数字)がリセットされません。
    そちらではリセットされますでしょう?
    よろしければ教えてください。
    よろしくお願いします。

  2. neo より:

     通りすがりさまこんばんは。
     MP600は現在知人に譲り渡してしまいましたので、手元にありませんが、時間のできたときに一度試してみて結果をご報告させていただきたいと思います。今しばらくお待ちください。m(_ _)m

  3. neo より:

     通りすがりさまご報告が遅くなりすみませんでした。
     MP600でいろいろと試したところ、上記の手順どおり設定をして、リセット4回押しで廃インクタンクの値がリセットされました。
     ちなみに後ほど記事にしたいと思いますが、リセット5回押しでは出荷地域(仕向地域)設定の変更が可能です。
     下記エントリーを参照してください。
    http://pc-kaden.net/log/eid60.html
     上記ご参考にどうぞ。

  4. uru より:

    neo様
    心より御礼申し上げます!
    数十枚のCD-Rにラベル印刷して
    お客様にお渡ししなければならないのに、
    メイン使用のMP640ではなぜかラベル印刷時のみ
    ガッチョンガッチョン異音がして印刷がズレて、
    どうしても改善できず・・・。
    (CD-Rトレイとヘッドが接触してる??)
    ま、MP600もあるから大丈夫さ、と
    久々にMP600でラベル印刷しようとすると
    いきなり「CD-Rトレイがありません」の連発で、
    これまた何度やっても改善できない・・・。
    google先生にお世話になり、
    ようやくこちらと巡り会え、
    数時間の苦難に終止符を打つことができました。
    私の場合、
    サービスモードにはスムーズに入れたのですが、
    手順どおり進めてもなかなか初期化されず、
    結局リンク先も参照させていただき、
    5回押しの仕向地設定までを行ってから
    ようやく初期化され、
    CD-Rラベル印刷が復活できました。
    感動でした。
    助けていただきました。
    多くの方々が述べておられますが、
    このようなユーザの自助努力を支援するための
    情報については、やはりできる限りメーカー側
    からも提供してもらいたいものだ、と思います。
    さあ、所定のラベル印刷を終えてから、
    今度はMP640との戦いに臨もうと思います。
    本当にありがとうございました!

  5. neo より:

     uru様、サイトへのご訪問ありがとうございます。
     長文のお礼のコメントありがとうございました。とてもうれしかったです。このサイトの記事の内容が助けになったようで幸いです。
     もともとこのサイトは「これって他の人も困ってるよね」というトラブルが無事解決できたときに、他の人が自分と同じように悩まないように情報提供しようと思い開設したサイトですので、皆さんの「記事を元にトラブルが解決できた」とのコメントが一番うれしいです。
     今後とも末永くよろしくお願いします。m(_ _)m

  6. neo より:

    廃インクカウンターリセット方法などを追記した新エントリーをアップしました。興味があればご覧ください。
    http://pc-kaden.net/log/eid262.html

  7. uru より:

    neo様
    先日、MP600のラベル印刷不具合の件で貴サイトに助けていただいた者です。
    私の拙い長文書き込みに対しても丁重なコメントをいただき、重ねて御礼申し上げます。
    その後、MP600に先立って発生していたMP640のラベル印刷不具合につきましても、neo様および他の方々のサイトを参考にさせていただき、サービスモードからのリセット操作等にて回復できました!(試行錯誤しながら何とか…)
    本当になんと御礼申し上げてよいのやら…
    m(_ _)m
    MP640も「あきまへん!」と叫ぶみたいにガッチョンガッチョン異音を出して印刷ズレまくりだったのに「あんなに機嫌悪かったのは、いったい何だったの?」と思うほど、スィスィ~と印刷してくれるようになりました。
    (家人とよう似とる…と思ってしまった私です)
    御礼かたがた、少しでも他の方々への参考になればと思い、拙いながら下記のとおりMP640の作業概要について報告させていただきます。
    (また長文になって申し訳ありません)
    ***
    (1)MP640の場合も、neo様記載のとおり、MP600と同様の方法でサービスモードを起動できる。
     しかし、その後の操作が本体ボタンだけでは対応できなくなっているため、まずgoogle先生のご支援により「ServiceTool_1050.zip」を別途PCにダウンロード、展開しておく。
    (2)サービスモードを起動後、PCとMP640をUSB接続する。
    (3)PCにて、先に展開した中の「ServiceTool_1050.exe」を実行する。
    この際、表示される新しいデバイス接続についての画面は無視(右上×orキャンセル)する。
    (4)起動した「ServiceTool_1050.exe」のユーザインタフェース画面の各メニューを選択して実行する。
    とりあえず私が試したメニューボタンの概要は次のとおり。
    「Print」
    ?Test Print
    MP600のサービスモードのボタン操作による「レポートAの印刷」に相当。
    ?EEPROM
    同じく「レポートBの印刷」に相当。
    EEPROMの現有情報を印刷する模様。
    ?Nozzle Check
    文字どおり各色インクのノズルチェック印刷。
    ?Integration
    上記???をまとめてやりまっせボタン。
    ?CD-R
    おそらくCD-Rトレイセット位置の確認印刷?
    クリックするとCD-Rトレイの挿入を求められ、CD-RにX-Y軸がポイント印刷される。
    ?LF/EJECT
    ?Left Margin
    おそらく用紙送りと左端からの余白セット関連?。よくわかりません…。
    「Cleaning」
    文字どおりヘッドをDeepにCleaningしてくれる。
    「Clear Ink Counter」
    おそらくインクカートリッジの交換回数がクリアされる? ?Main、?Platenの別は不明…。
    「Operation」
    ?EEPROM Clear
    おそらくこれがいわゆる「初期化」ボタン。
    EEPROMの記録情報がリセットされる模様。
    ?Panel Check
    液晶パネルの表示確認作業の実行?
    OKボタンとロータリースイッチを併用?
    回すと順に青→赤へとコマ送りのように表示が遷移する。
    「Set Destination」
    仕向地域の設定。
    「CD-R Corrrection」
    おそらくCD-Rトレイ挿入時のセット位置設定?
    「LF/EJECT Correction」
    よくわかりません…。
    「Left Margin Correction」
    おそらく左端余白位置の設定?
    「Ink Absorber Counter」
    おそらく廃インクタンク使用率(D=値)のリセット?
    「Wetting Liquid Counter」
    よくわかりません…。けどタイトル見ると何か結構大切な機能のような気が…。
    (5)サービスモードの終了は、MP600と同様に電源ボタン1回押しでOK。
    ***
    私の今回のトラブルの場合「キャリッジの動作異常」だと思われたため、他サイトの記載(エラー5100への対応)も参考にしてエンコーダー(フィルム)のクリーニング等の作業も併せて行いました。
    いずれにしても、neo様のサイト等で示唆いただいたことで、メーカーへのセンドバック修理等に伴うコストと時間とストレスが大きく削減できたことは間違いありません。(たぶんメーカーサポートに連絡した場合、あっさりセンドバック修理を提案されたでしょうし、コストを考えるとMG6230等を新規購入した方がマシ、ということになっていたと思います)
    これからも詰替インクとリセッターを活用しつつ、MP600/640兄弟と長く大切につきあっていきたいと思います。
    本当にありがとうございました!
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
    (超長文となりましたことをお詫びいたします)

  8. neo より:

     uru様。コメントどうもありがとうございます。
     MP640のサービスモードに関する詳細かつ貴重なレポートのご提供ありがとうございました。こちらこそ本当に参考になります。m(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。