oasの拡張子を持つファイルを開くには?

oasという拡張子が付けられたファイルは富士通製のワープロソフトOASYS用のファイルです。

今ではめったに見かけなくなってしまいましたが、一昔前まではメーカー製のワープロ専用機が事務文書作成の主流でした。その中でも富士通製OASYSワープロはそれなりに使われていたと思います。

ワープロからパソコンへの過渡期に受け継がれた膨大な量のワープロ用事務ファイルは、PCに事務作業の主流が移ってからも、ボディブローのように仕事に影響を与えてきました。(T_T)

過去に作成されたレガシーファイルの遺産に縛られるのもよくありませんが、古い文書を確認する必要に迫られることも時にはあります。
そんなときにはこのビューワー。

OASYS Viewer V8

このビューアはPC用のOASYS文書ファイルをみるためのソフトです。

下記の場所からダウンロード可能ですのでインストールすればご自分のPCでめでたくOASYSのファイルが見られるようになります。

OASYS Viewer V8 詳細

http://software.fujitsu.com/jp/oasys/download/oasviewer/

OASYS Viewer V8 ダウンロード

http://software.fujitsu.com/jp/oasys/download/oasviewer/install.html
ダウンロードしてインストールするファイル名は「OASVB800.EXE」になります。

インストールファイルの直ダウンロードURL

http://software.fujitsu.com/jp/oasys/download/oasviewer/oasvb800.exe

ちなみにこのソフトをインストールするとOASYS用のフロッピーディスクの中身をみることができる「OASYSフロッピィビューア V8」もインストールされますのでフロッピーディスクをお持ちの方も安心です。(今だとフロッピーディスクを知らない人もいるかも?)

説明は以上になります。なかなかこの記事の内容が必要になる人はいないと思いますがお好きな方はどうぞ。(笑)

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。