スポンサーリンク
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築5|再起動後の初期設定

再起動後の初期設定 ▽ようこそ ・「次へ」 ▽ライセンス同意書 ・"はい"を選択して「次へ」 ▽日付と時刻 ・ネットワークタイムプロトコルタブをクリックして、ntpを有効にするにチェック ・タイムサーバーのドメインかIPをサーバー欄に入...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築6|サーバー設定

サーバー設定 設定したrootでログイン ランレベル5(GUIモード)で起動 サーバーサービスの有効化とランレベル設定 autofs--------- 345 canna --------- 345 crond --------- 345 ...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築7|障害時のサーバの復旧方法(他サーバへの移設時にも使えます。)

障害時のサーバの復旧方法(他サーバへの移設時にも使えます。) xoopsDBの手動バックアップとリストア ▽バックアップ #/usr/bin/mysqldump -u root -pパスワード xoops > 任意のファイルへのフル...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築8 |xoops設定

xoops設定 xoopsのインストール ▽から最新版をダウンロードして解凍したものをftpでxoopsユーザーのpublic_htmlディレクトリに置いてください。 ▽ブラウザからxoopsのインストールURLの http://サーバi...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築9|TeraTermProとTTSSHを利用したリモート管理

TeraTermProとTTSSHを利用したリモート管理 ▽下記のソフトをダウンロードする UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 ▽TeraTermProをインストールします ▽TeraTermProの設定 ...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築10|xoopsサーバからバックアップファイルをftpで他のPCに取り込む設定

xoopsサーバからバックアップファイルをftpで他のPCに取り込む設定 ▽autoftp.batを下記の内容で作成 ftp -s:autoftp.txt ▽autoftp.txtを下記の内容で作成 open サーバー名 ftpユーザ...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築11|FedoraCore3でデフォルトで有効となっているサービスとランレベル

FedoraCore3でデフォルトで有効となっているサービスとランレベル acpid 345 anacron 345 apmd 345 arptables_jf ...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築12|FedoraCore3にインストールされているサービスの内容と有効化の基準

FedoraCore3にインストールされているサービスの内容と有効化の基準 ○FreeWnn 日本語入力システム cannaを入れるなら必要なし ○NetworkManager 複数のネットワークインターフェースから最適なネットワークを選...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築13|linuxコマンドリファレンス

linuxコマンドリファレンス ▽ディレクトリ・ファイル関連 □カレントディレクトリの変更 #cd 移動したいディレクトリのパス(/home/userなど) □カレントディレクトリのパス表示 #pwd □ディレクトリの作成 #mkdi...
パソコン

Word文書の保存時に「文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました」のエラーメッセージが表示されてしまう

文書ファイルごとに言語データを埋め込む設定を無効にする 新規文書ファイルすべてに言語データを埋め込む設定を無効にする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました