スポンサーリンク
フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー|TurboLinux7Serverを利用した内部用サーバーの構築と運用

フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー|TurboLinux7Serverを利用した内部用サーバーの構築と運用21|トラブルシューティング

トラブルシューティング FFFTPを利用してFTPを行うとファイルの日付欄の時間が9時間ずれてしまう FFFTPのホストの設定の拡張タブでGMTの設定を変更することで回避できます。ただ、可能であればFTPのコンフィグ設定でローカルタイムを設...
フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー|TurboLinux7Serverを利用した内部用サーバーの構築と運用

フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー|TurboLinux7Serverを利用した内部用サーバーの構築と運用22|逆引きlinuxコマンドリファレンス

逆引きlinuxコマンドリファレンス ディレクトリ・ファイル関連 □カレントディレクトリの変更 #cd 移動したいディレクトリのパス(/home/userなど) □カレントディレクトリのパス表示 #pwd □ディレクトリの作成 #...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築1|はじめに

はじめに かなり古い内容ですが、いまでも使える部分がありますので覚書として掲載しています。本文中ではphpのバージョンの古いものが扱われていますが、phpの旧バージョンは脆弱性が存在しますので、外部公開するためにはphpのバージョンを最新版...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築2|必要なスペック

必要なスペック 高速なものが良いですが、とりあえず下記のスペック以上であればテキストモードでサーバとして利用可能なレベルです。 CPU CPU:Pentium3(coppermineコア) CPUクロック:667MHz FSB:133MHz...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築3|BIOS設定

BIOS設定 ▽インストールに必要ですので、CD-ROMから起動できるようにBIOSを設定 ▽BIOSに設定項目があれば電源が供給されたら自動でONになるように設定しておく ※停電した場合復旧時に自動でrebootできるように設定
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築4|FedoraCore3のインストール

FedoraCore3のインストール ▽CD Found ・「skip」 ▽Welcome to Fedora Core ・「Next」 ▽Language Selection ・"Japanese"を選択して「Next」 ▽キーボー...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築5|再起動後の初期設定

再起動後の初期設定 ▽ようこそ ・「次へ」 ▽ライセンス同意書 ・"はい"を選択して「次へ」 ▽日付と時刻 ・ネットワークタイムプロトコルタブをクリックして、ntpを有効にするにチェック ・タイムサーバーのドメインかIPをサーバー欄に入...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築6|サーバー設定

サーバー設定 設定したrootでログイン ランレベル5(GUIモード)で起動 サーバーサービスの有効化とランレベル設定 autofs--------- 345 canna --------- 345 crond --------- 345 ...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築7|障害時のサーバの復旧方法(他サーバへの移設時にも使えます。)

障害時のサーバの復旧方法(他サーバへの移設時にも使えます。) xoopsDBの手動バックアップとリストア ▽バックアップ #/usr/bin/mysqldump -u root -pパスワード xoops > 任意のファイルへのフル...
FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築

FedoraCoreを用いたxoopsグループウェアサーバ構築8 |xoops設定

xoops設定 xoopsのインストール ▽から最新版をダウンロードして解凍したものをftpでxoopsユーザーのpublic_htmlディレクトリに置いてください。 ▽ブラウザからxoopsのインストールURLの http://サーバi...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました