マイクロソフトエクセルで一部の罫線が表示されない場合の対処方法

マイクロソフトエクセルを使っていると画面では表示がされているのに印刷されないという罫線に出くわすことがあります。詳しい原因は分かりませんが、セルの加除編集等により、印刷する際に罫線が無視されてしまうことがあるようです。

しばらくいろいろと試行錯誤しているうちになんとなく解決ができましたので、メモしておきます。

スポンサーリンク

エクセルで罫線が印刷されない場合の対処

罫線が印刷されない場合の最良の解決方法は印刷されない罫線のところに再度罫線を書くことです。これで状況が改善される場合がほとんどです。

ただ、罫線を引き直す場合でも範囲指定をしてセルの書式設定-罫線タブから該当の罫線を引きなおしても効果が無く、印刷がされない場合があります。

その場合はツールバーにある範囲内のセルに四角く罫線を引くボタンをクリックして罫線を書きなおしてみてください。管理人の場合はそれで無事印刷に罫線が表示されるようになりました。

罫線ボタン

上記の手順で一度罫線が印刷されるようになればセルの書式設定での罫線変更も効くようになることが多いように思いますので、罫線のトラブルを解決する場合は、セルの書式設定でちまちま設定をし直すより、豪快に4辺を描く罫線ボタンで重ねあわせつつ罫線を引いて行くほうが解決が早そうです。

それでも罫線が表示されない場合 【2014.11.22追記】

もしかしてその罫線の表示されないセルから文字がはみ出していませんか?

セル内の文字がセル幅より大きく、文字列右側の余白部分が罫線にかかって印刷時に罫線が表示されない場合があります。上記で示した罫線の引き直しで効果が得られなかったら、一度、罫線が表示されていないセルのセル幅を大きくするか、セル内の文字のサイズを少し小さくしてみてください。

以上お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。