新ドメイン移行時に301リダイレクトとリダイレクトパーマネントのどちらを使っても効果は同じです。

先日、当サイトのドメインの引っ越しをしました。

新しいドメインに移行する場合には旧URLへのリンクやアクセス、ページランクを引き継ぐために 301 Redirect を使って旧URLから新URLへリダイレクトをするのが一般的な方法ですが、いろいろ調べてみるとRedirect 301とRedirect permanentの二通りの方法が見つかりました。

この2つの方法は効果が違うんだろうか?と疑問をもったのでちょっと調べてみました。

こちらのサイトは Redirect permanent を使ったやり方をご自身の経験も含めて詳しく説明されています。

リダイレクト機能を利用する

.htaccessでリダイレクト機能を利用する方法

 こちらのサイトは Redirect 301 を使ったやり方をご紹介されています。

301リダイレクトの設定方法

301リダイレクトの設定方法 | 海外SEO情報ブログ・メルマガ

 こちらではズバリ Redirect 301 と Redirect permanentは同じという説明がされています。

.htaccessの「Redirect permanent」の部分は「Redirect 301」でもOKです。

301リダイレクト設定とmeta refreshリダイレクト | 無料SEO対策のススメ

 どうやらどちらを使っても効果は同じのようです。当サイトの引っ越しの時には、感覚的な分かりやすさから.htaccessの記述にRedirect permanentを使っています。

恒久的にURLリダイレクトをする場合の.htaccessファイルの記述サンプル

Redirect permanent / http://新しいドメイン/

または、

Redirect 301 / http://新しいドメイン/

※ 最初の/の部分はドキュメントルートからのパスになります。たとえばhttp://old.com/sample/からhttp://new.com/へドメインを移転するような場合は、

Redirect permanent /sample/ http://new.com/

または、

Redirect 301 /sample/ http://new.com/

というような記述になります。作成した.htaccessファイルは転送元のドキュメントルート直下に置くようにしてください。

なお、本当にリダイレクト時に301が返されているかどうかを調べるにはhttp://web-sniffer.net/で転送元のURLを入れることで確認ができます。下記のサイトで詳しい説明がされていますので、興味のある方はご覧ください。

301リダイレクト はサイト引越時の強い味方
区切り

301リダイレクト はサイト引越時の強い味方

 これですっきりしたので、これからはドメイン移転時にリダイレクトの.htaccessファイルの記述を迷わないで済みそうです。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 新ドメイン移行時に301リダイレクトとリダイレクトパーマネントのどちらを使っても効果は同じです。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。